株式会社くみん不動産  本店

板橋区内に4店舗、三田線の賃貸・売買・管理は地域密着の当社へ!!新入生用物件多数あります

くみん不動産駅前本店電話番号 03-3967-2005

オーナーズニュース5月号

オーナーズ5月2.png
        不採算不動産を放置するリスク

国土交通省は3月21日に公示地価を発表しました。
低金利と住宅ローン減税の下支えもあり、
住宅地の全国平均はわずかに上昇しました。
確定申告も終え、これから固定資産税の納付時期となります。
このタイミングで収益を生まない、空地・空家の活用について見直しましょう。

■収益を生まない空地・空家には様々なリスクがあります■
空地・空家2.png
想定されるリスク
●防災性の低下
●防犯性の低下
●ゴミの不法投棄
●衛生面の悪化
●風景・景観の悪化
●樹枝の越境
注意2.png
万が一所有している空地が火元となり火災が発生したり、
台風等で建物が崩壊し、他人にケガを負わせたり、
財産を壊した場合、賠償責任が生じます。
また、空地が犯罪の拠点になる事例が増えています。
身近な活用方法として駐車場にしたり、
売却することも考えてみましょう。


注目2.png
 資産の有効利用に国から補助金がでる制度
  ~改正住宅セーフティーネット~

2017年4月19日、所得の低い若い子育て世代や高齢者の住宅確保と
空家の有効活用を目的とした家賃補助やリフォーム費用の一部を
補助する改正法が成立しました。
詳細については、施工が決定次第オーナーズニュースでご案内いたします。

■資産の売却に大きな影響を及ぼす可能性・・・■
   ~ご存知ですか? 2022年問題~

1991年の生産緑地法改正により、三大都市圏内の市街化区域内で
生産緑地に指定され、30年間営農することを条件に固定資産税、
相続税が優遇されていました。
平成25年の調書によると生産緑地は1万3,859ヘクタール存在し、
約8割が2022年に30年の期限を迎えると言われています。
仮にこ土地が全て宅地化されると92万戸以上の戸建てが建つ為
不動産の価格に大きな影響を及ぼすと予想されています。
生産緑地2.png
point 
不動産は、一つとして同じ条件の物件はありません。
公示地価でご所有の資産価値を確認したうえで収益を
生んでいない不動産の売却、活用について
今一度、検討してみてはいかがでしょうか?

Network

安心のくみん不動産は都内4店舗のネットワーク。お近くのお店にぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

店舗をクリックできます。

blog

物件の現地確認に行ったときの情報を皆様にもご紹介します。