ロゴ
お問い合わせ
  • 賃貸物件
  • 売買物件
  • 板橋おでかけスポット
  • オーナー様へ
  • 入居者様へ
  • ブログ
  • ニュース
  • 企業情報
  • 店舗紹介
ロゴ
ブログ

給湯器凍結注意

寒い日が続き給湯器の凍結が心配されます。 最近の給湯器は、凍結防止にヒーターや循環ポンプなどを備えています。長期間留守にする場合でも、必ず電源プラグをさしたままにしておきましょう。「電気代がもったいない」と思って抜いてしまうと、凍結防止装置まで作動しなくなってしまいます。

運転スイッチを切って、水を細く出しっぱなしにしておく

水は流れていると凍結しにくいものです。ですから、凍結防止装置の付いていない古い給湯器を使っている場合は、夜間に運転スイッチを切りましょう。そして、水を細く出しっぱなしにしておくのです。お風呂の栓を抜いておけば、水があふれ出す心配もありません。水道料が不安だと思う方もいるかもしれませんが蛇口を全開にしなければ、水道料がはね上がることもないでしょう。目安は、ぽたぽたとしたたり落ちるよりも少し多い程度。細い流れとなって水が蛇口から落ち続けるくらいにすれば大丈夫です。