ロゴ
お問い合わせ
  • 賃貸物件
  • 売買物件
  • 板橋おでかけスポット
  • オーナー様へ
  • 入居者様へ
  • ブログ
  • ニュース
  • 企業情報
  • 店舗紹介
ロゴ
ブログ

梅雨が日本にやってくる!

板橋店の井上です。
また今年も、『梅雨』がやってきました。
雨嫌いな私としては、インフルエンザの流行する時期より
梅雨のほうが嫌だ!!
ということで、今回は『梅雨』のお話です。
 
梅雨という言葉は、日本で生まれた言葉ではありません。
梅雨という言葉が使われ出す前までは、日本では「五月雨(さみだれ)」という言葉が使われていました。
旧暦5月に降る雨だからです。
当初中国では『黴雨』「ばいう」と読まれていました。
「バイ菌」の「ばい」がこの漢字ですよね。
誰もが実感している通り、梅雨の時期は湿度が高くて、すぐカビが生えます。
このことから「カビ」を意味する「黴」という字が使われたのです。
しかし、「黴雨」という漢字は、
あまり印象の良い字面ではありません。
そのため現在は、「梅雨」という漢字が使われるようになったのですが、
なぜ「梅」という漢字だったのでしょうか?
実はまだ、その理由は謎のまま解明されていないそうです。
 
皆さんは、なんで『梅』という字が使われたと思いますか??
ぜひ予想を教えてください!!