ロゴ
お問い合わせ
  • 賃貸物件
  • 売買物件
  • 板橋おでかけスポット
  • オーナー様へ
  • 入居者様へ
  • ブログ
  • ニュース
  • 企業情報
  • 店舗紹介
ロゴ
ニュース

オーナーズニュース3月号

「相続に備えてご所有不動産の見直しを」
子供の為に資産を残してあげたい・・・。そんなオーナー様の気持ちとは
裏腹に二代目オーナー様は、「いらない、煩わしい」等、前向きに捉えて
いない場合もあります。今回は、二代目オーナー様を困らせない形で
ご所有不動産を引き継ぐ為のポイントをご紹介します。
「二代目オーナーの声」
・借入金の返済が帯ってしまわないか心配だ。
・空室が増えてきているが、対策の仕方が分からない。
・突然の修理工事でまとまったお金が必要になり困った。
・大規模修繕費用はどのくらいかかるのか不安。
・建物の老朽化が進んでいる建替え・売却等今後の活用方法を決められない。
・入居者からの問い合わせやクレーム等に自分自身が仕事をしているので対応できない、煩わしい。
・火事、地震等、不測の事態が起こった場合どうなるのか不安。
               ↓
二代目オーナー様の場合、建物が老朽化しているケースが多いため、
下記の様な点に注意し、ご所有不動産の状況の把握、改善案を検討しましょう。
募集→賃料は適正か、新築時とは相場が変わっているケースもあります。
建物→大規模修繕計画の見直しは勿論、日ごろからメンテナンスをしっかり行う
ことで想定外の修繕出費を減らすことが出来ます。
設備→入居者のライフスタイルに合わせたリフォームを検討しましょう。
管理→入居者からの問い合わせ対応は、管理会社と密に連携をとりましょう。
保険→建築当初の契約内容よりも保険商品が進化していることがあります。
契約内容を的確に把握しておきましょう。
ご所有不動産の把握、改善ポイントの他に、建物の老朽化が進んでいる場合は、建替えや売却、賃貸経営に
不慣れや忙しい等の理由により煩わしい場合は、信託を行う方法もあります。
一般的に初代オーナー様よりも二代目オーナー様は賃貸経営が難しくなると言われています。
資産の活用方法については弊社までお気軽にご相談下さい。